鉄拳 Wikia
Advertisement

三島流喧嘩空手の創始者、三島仁八

三島流喧嘩空手とは三島家の空手の流派。一般的な空手をベースにしつつも、「風神拳」などに代表される独特なモーションの技を持ち、さらに人体の急所を狙った残虐性の高い技なども組み込まれた実戦空手となっている。

仁八が三島流を確立し、息子平八と孫息子一八を養成した人である。

風間仁は風間流古武術と併せてこの流派を会得していたが、平八に裏切られた後に捨てている。しかしながら、仁がその身に有するデビル因子の覚醒によって変貌した姿であるデビル仁はこの三島流を使用しており彼が決して逃れることのできない三島家の宿命に翻弄されていることを窺わせている。

象徴的なテクニック[]

  • 風神拳
  • 雷神拳 (平八には、より高速で強力なジャストフレームバージョンがだ。)
  • 最速風神拳
  • 閃光烈拳
  • 裏拳二段
  • 奈落堕とし
  • 鬼哭連拳
  • 超ぱちき
  • 右踵落とし
  • 左踵落とし
  • 踵落とし
  • 破砕蹴
  • 螺旋襲刃脚

施術者[]

  • 風間仁 [1] 鉄拳3から鉄拳TTに「三島流喧嘩空手改と風間流護身術」と正式に述べた。
  • 三島一八[2] 鉄拳から鉄拳7まで全ての鉄拳ゲーム公式で述べた。
  • 三島平八[3] 鉄拳から鉄拳7まで全ての鉄拳ゲーム公式で述べた。
  • 三島仁八 [4]:「不明」と正式に述べられている、仁八の戦いの規律は少林寺拳法に触発された三島流空手とデビル因子を使用して戦い。 三島流で一八と平八を訓練した。
  • デビル仁 デビル仁は仁の元戦闘スタイルを使用して、三島流喧嘩空手改と風間流護身術

 にとデビルの因子伝子を通して得られたデビルの力

参照[]

Advertisement