Fandom



王椋雷 (ワン・ジンレイ)とは、『鉄拳シリーズ』の主要キャラクターのひとり。三島仁八の幼なじみの、と悪意が明らかになるまで、仁八の息子三島平八の同盟者でした。良い光の中で三島一族を見少数の人々の一つと王はらの血で呪いを緩和するためにそれらを助けるためにしようとします。

概要編集

『鉄拳(初代)』から登場しているキャラクター。  三島平八の父親・三島仁八の親友。凌暁雨とは遠戚関係あたり、弟子でもある。 

当初は、ミシェール・チャンのコンパチキャラクターであったが、  シリーズが続くにつれて、独自の技が追加されていき、  今では完全に別キャラクターとなっている。 

どうしても年齢の話題になると三島平八や李超狼などが先行して話題になるが、  『1』の時点ですでに82歳で、『2』で84歳、参加していない『3』では103歳、  『4』以降は105歳、と"100歳"を超えた最高齢キャラクターである。 

キャラクター設定編集

キャラクター設定を入れます。

ストーリー編集

鉄拳 編集

老いてなお猛勇を馳せる、心意六合拳の使い手。華僑の重鎮で、同胞を思いやる優しい心を持つ。実は一八の祖父である三島仁八の親友で、仁八の死語、三島平八の権力下に巻き込まれてしまう。しかし、実際は平八の行動を快く思っていない。

鉄拳2 編集

一八の祖父「三島仁八」の親友ワンは、老いてなお勇猛を馳せる心意六合拳の使い手。

平和のためには三島家を滅ぼさなくてはならないという仁八の意思を引き継いでいる。打倒一八を果せそうな者には道を譲り、そうでないものは自らの手で葬り去ろうと(といっても、あくまで相手を気遣って大会から帰らせようというもの)大会に参加。

鉄拳5 編集

未だ衰えぬ華僑の重鎮、王 椋雷。

若かりし日、王には杯を共にした異国の親友がいた。その名は三島 仁八。

世界に戦乱の兆しが見え始めた頃、

「平和のために、三島家を滅ぼさなければならない」 

という言葉を残し、仁八は王の前から姿を消した。

……その後、仁八の死が王に伝わり、世界は大きな戦火に包まれた。

それから30年以上の時が経ち、隠居生活を送っていた王の下にThe King of Iron Fist Tournament 5の招待状と共に、『お主の力を必要としている。我が下へ来い、椋雷』とのメッセージが届く。差出人は……三島 仁八!

「まさか! 仁八が生きているというのか!?」

死んだはずの旧友からの手紙。その真偽を確かめるべく、大会へ出場する王であった。

鉄拳6 編集

親友である三島 仁八から、自らを狂わす三島の呪われた血の話を聞いた王 椋雷は、三島家の血を引く者を倒そうとするが、風間 仁に敗れてしまう。 そして仁八は仁との戦いで命を落とし、仁が頭首となった三島財閥は急速に軍備を増強していった。

やがて世界は混沌の渦に巻き込まれていき、三島財閥の宣戦布告を発端に各地で大規模な戦争が勃発する。 己の無力さ故に三島財閥の暴走を押さえることができなったことを悔やんだ王は、今度こそ三島の血を滅するため、開催が発表されたThe King of Iron Fist Tournament 6に決死の覚悟で参加するのであった。

登場作品編集

技表は各シリーズのwikiaのキャラクターページに記載・リンク

メインシリーズ編集

作品名 技表 年齢 声優 備考
鉄拳
鉄拳2
鉄拳3
鉄拳タッグトーナメント
鉄拳4
鉄拳5
鉄拳6
鉄拳タッグトーナメント2
鉄拳7

トリビア編集

  • 王驚雷とは鉄拳で最も古い文字三島仁八と一緒に

ギャラリー編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。